クルマとお仕事の雑記

歯科衛生士の婿

ダイエット 筋トレ

筋トレを継続させるために気を付けていること【ジム編】

投稿日:

こんにちは。トモゾウです。筋トレって継続させるのは難しいですよね。

僕も過去2回ジムに通って、2回とも短期間で挫折しました。

でも今は続けられていますし、今後も続けられる予感しかしてません。

今回はなぜ僕が筋トレを続けられているか、実践している内容をジム編と自宅編に分けて書いてみます。

 

ジム編

まずはジムで実践することについて。

他人の目を気にしてはいけない。気にするのは自分のことだけ。

特に男性だと気にしてしまいがちなので、他人からの目だと思います。

ベンチプレスで20kgしか挙げられない?全然恥ずかしいことではないです。

誰だって最初は初心者ですから、無理して自分より重いものを挙げる必要なんてないんです。

気にしなければならないのは自分がちゃんと効果のあるトレーニングをできているか。

人の目を気にして重いものを持つというのは、フォームが崩れたりして効果が出にくくなるだけでなく、最悪ケガの元です。

実際、僕はデッドリフトで自分ができる限界以上のものを挙げようとして、けがをしてしまいました。

ジムで気にするべきは自分のことだけです。人の目を気にしてトレーニングをやってもいいことありません、絶対。

ただ、マナーを悪くしてもいいってことではないです。使ったマシンを拭かないとか、プレートやダンベルを戻さないとか、そういったマナーの悪いことをしていいということではないですから、気を付けましょう。当たり前のことですが。

重さよりフォーム

ウエイトトレーニングで重要なことは、正しいフォームで行うことなんだそうです。

どんなに重いものを挙げられても、フォームが悪ければ効果は半減、下手をすればケガのものとです。

まずは軽くてもいいので正しいフォームを身に着けることが重要なんです。

逆に無理に重いダンベルをもってむちゃくちゃなフォームでやってる人がいないかよく見てみるといいと思います。

そういう人は大体いいカラダをしていません。ベンチプレス100kgぐらいで用意したかと思うと、10cmぐらいしか動かさない人とかですね。

それなら半分の重量でしっかり胸まで下ろすほうが効果があるはずです。

ではどうすればいいフォームが身につくのかって?

わからないことは聞けばいいんです。トレーナーさんが常駐しているジムなら聞けば普通は教えてくれます。聞くのは恥ずかしいことではないです。トレーナーさんだって誰かに教えてもらったり調べたりした内容を教えてくれるんですから。それを考えれば全然恥ずかしくないですよね。

そんなトレーナーいないよ!という人もいると思います。24時間ジムとかですね。

そういう時はYoutubeとかで正しいフォームをしっかり確認するのがいいと思います。可能であればトレーニング中の自分のフォームを録画してもいいかもしれません。※

※撮影禁止のジムも多いと思うのでちゃんと確認してくださいね。

 

怪我をしないこと

これは思ったより重要だと思います。

フォームが悪かったり、調子が悪い時に無理をするとケガをします。

重傷軽傷あると思いますが、例えば肉離れみたいなひどいけがになると、モチベーションが一気に下がります。

実際、僕はデッドリフト中のけがで腰が痛く、しばらくトレーニングができなくなったので、それ以来続けることができず、ジム通いをやめてしまいました。

ケガをしないためにどうすればいいのか?

一度大けがをして、再度ジムに挑戦している身で気を付けているのは以下の3点

  1. 無理をして重いものにチャレンジしないこと
  2. 正しいフォームでやること
  3. だらだら続けないこと

だらだらやってはいけないのはなぜか?

まぁやってはいけないとは言いませんが、僕はだらだらやらないように気を付けています。

その理由は前述している通り、あんまり長くやってると怪我の元だからです。

僕は一回のジム滞在時間は1時間程度と決めています。

あ、ついでだからこれもやっておこう♪とつかれた体に鞭を打って続けても、怪我をしやすくなりますし、集中力も切れてしまいます。

集中力が切れた状態でトレーニングしてもあまり効果がないそうです。しっかり刺激する箇所に意識を持っていくことが大事なんだとか。

なので僕は集中力と体力が持つ1時間程度と決めています。

 

以上が僕が普段ジムで気を付けていることです。

まぁまだダイエットの途中ですしマッチョにもなれていないのですが、参考になれば幸いです。

 

-ダイエット, 筋トレ

Copyright© 歯科衛生士の婿 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.