クルマとお仕事の雑記

歯科衛生士の婿

ダイエット

区民ジムってちゃんと使えるの?に対する答え

投稿日:

先日のエントリーでも書きましたが、体を絞るために除脂肪を進めています。

運動は筋トレのみ。ジムでもいってるの?と聞かれると、「区が運営してる区民ジムに行ってます」と答えるのですが、
結構それってしょぼいんじゃないの?という答えが返ってきます。

区の施設なので、高齢の方がリハビリみたいな感じで使っているイメージを持っている人がいるかもしれませんが、実際はちょっと、いや全然違います。

断言しますが、区民ジムはかなり使えます。
(といっても筋トレガチ勢やプロアスリートのような人は除きますが)

で、この区民ジムを選んだのは結果としてとてもよかったと思いますので、今日は区民ジムのメリットとデメリットについて書いてみようと思います。

 

いいところその1.安い

まず、圧倒的に安いです。僕の通っているところは1回200円。そこに週3で通っていますので、月のコストは約2400円程度。

毎日通っても6200円ぐらいですから、激安です。ちなみに高齢者だと100円になったり無料になったりするようです。

安いから設備もしょぼいんじゃないの?と思われるかもしれませんが、そんなことはなく、主要なトレーニングは大体できるマシンがそろっています。

僕が通っているところにおいてあるマシンは

  • ショルダープレス
  • アブドミナル/バックマシン
  • レッグカール
  • レッグエクステンション
  • レッグプレス
  • ラットプル
  • ローイング
  • チェストプレス
  • ランニングマシン x3台
  • エアロバイク x5台
  • ステップマシン x3台
  • ベンチ x2台(うち1台は角度調整可能)
  • バーベル
  • Ezバー
  • ダンベル1Kg~20kg(これ以上はプレートで組み合わせて作成可能)
  • プレート(1kg~20Kg。たぶん150kgぐらいのバーベルは作れると思いますが、数えてないので不明
    あとはゴムバンドとかストレッチスペースがあったりします。
    残念ながらスクワット用のパワーラックとベンチ用のラックはありません。(安全重視なのだと思います。)

結構すごくないですか?正直、僕が依然通っていた24時間ジムと比べてもそん色ないレベルでそろっています。
僕にとってはこれで十分使えていますし、ダイエットなどが目的であれば十分なレベルだと思います。

いいところその2.スタッフがちゃんとしてる

これはジムのコストよりも大事だと思うのですが、区民ジムは区民の健康維持を目的としていますので、スタッフさんがちゃんと常駐していて、適切に指導・アドバイスをしてくれます。

悪く言うつもりはありませんが、24時間ジムなどではスタッフがいない時間があったり、いても特に指導できるようなスキルがなかったりします。ほんとただの管理人という感じですね。僕が通っていたジムでも、スタッフさんのプロフィールが貼ってあったのですが、大学生のバイトの子で、トレーニング歴もほぼゼロの子がいましたから。

なので、ダイエットや健康維持のためにジムに通いたいのであれば、ちゃんとしたスタッフさんがいろいろ指導してくれるようなところに行くのがいいと思います。

区民ジムの場合は激安なうえにスタッフさんがちゃんとしていますので、とてもお得にトレーニングを進めることができます。

僕が通っているところは、高齢者やメタボおじさんがランニングマシンやエアロバイクを漕いでいることが多く、スタッフさんが基本暇そうにしてます。

なので、ちょっとフォームを確認してほしいな、と思ったら手を上げるとすぐに来てくれて、正しいフォームに直してくれたりします。

トレーニング歴が長く、自分のスタイルがある人には不要かもしれませんが、僕のようにトレーニング初心者にはとてもうれしいポイントです。

 

いいところその3.近い

これは僕が住んでいるところとたまたますごく近いだけなのですが、練馬区なんかは何か所も区民ジムを作っているので、どこかしらに近いジムがあるはずです。ジムというか区民体育館ですね。

ちなみに僕は徒歩3分なので、サンダル履きで行って、帰りは着替えずにトレーニングの格好のまま帰ってきてます。3分ですし。プロテインも家に帰ってから飲んでいるので荷物も減らせてらくちんです。

皆さんがこうとは限りませんが、都市部にすんでいる人は意外と近くに区民体育館があるかもしれないので、調べてみてはどうでしょうか?

 

いいところ4.マナーの悪い人がいない

最近マッチョYoutuberのサイヤマングレートさんの動画をよく見るのですが、彼はよくジムのマナーについて言及されています。

確かに24時間ジムにいたとき、マナーの悪い人何人かいたなぁ、と思い出しましたが、区民ジムにはいないです。なぜならスタッフさんがちゃんと見ているから。使ったマシンを拭かずにいる人や、マシンやベンチを長時間独占している人にはちゃんと注意をしてくれています。なので、変な人はいないです。

 

悪いところ1.狭い

先ほど安いわりに設備がちゃんとしてると書きましたが、あくまでも安いわりにです。正直狭いです。福祉施設なのであまり文句は言えませんが、ちょっと狭くないかなー、ここ。という程度の狭さです。

マシンも1台ずつしかないですし、ベンチプレス用のラックもないです。なのでダンベルプレスで代用してますし、スクワットをやったりするパワーラックもないので、これもレッグプレスで代用してます。

なので本格的なトレーニーの方には物足りなさすぎると思いますので、本気でやっていきたいなら、民間のジムを契約するのが正解です。

でも安いですし、ダイエットする程度には十分だと思いますが。

 

悪いところ2.利用可能時間が短い

これは施設によると思いますが、僕が通っているところは9:00-21:30の営業時間なので、早朝深夜は使えません。ここは忙しいビジネスマンには使いづ以来ところですね。僕は最近定時あがりが出来ているので、普通に通えてます。むしろジムに行きたいので早く仕事終わらせてます。

 

悪いところはこのぐらいですかね。

前述していますが、本気でマッチョになるとか、本気でスポーツのパフォーマンスを上げたい、という方には区民ジムはあまりお勧めできなさそうです。

しかし、僕のように痩せたい、とか健康を維持したい、という方には最適だと思います。むしろそれが本来の目的ですもんね。

東京23区内の家賃は安くないのですが、こういった福祉の恩恵にあずかれるのはラッキーでした。

というわけで、区民ジムをお勧めしたい方とそうでない方はこんな感じですね。

区民ジムがおすすめな人

  • ダイエットしたい or 健康でいたい
  • ジムに行きたいけどお金が気になる
  • 筋トレとかよくわかんないです
    な人

正直お勧めできない人

  • マッチョになって大会に出たい
  • スポーツをやっているので、パフォーマンスを限界まで高めたい
  • くそ忙しいので夜中ぐらいしかジムに行けない
    な人

おすすめの人はぜひ区民ジムに行ってみてください。

 

-ダイエット

Copyright© 歯科衛生士の婿 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.