クルマとお仕事の雑記

歯科衛生士の婿

コーヒー

ハリオのコーヒードリッパー V60 の感想

投稿日:

こんにちは。トモゾウです。

前回に引き続いてまたコーヒーの話なんですが、
コーヒーを抽出するドリッパーを新しくしてしばらく使ってみたのでレビューしてみたいと思います。

そもそもドリッパーとは

いろいろ道具をつかうハンドドリップコーヒーですが、ドリッパーというのは、コーヒーの粉とお湯を入れるところですね。
といってもわかりにくいですが、下の画像のマルで囲んでるところです。
コーヒードリッパー
いらすとやなんでもあるね、、、

以前はカリタの3穴式を使っていましたが、ヒビが入ってコーヒーが漏れてくるようになってしまったので買い換えました。

もともと実家で使っていたのもカリタの3穴式でしたので、なんとなくハンドドリップというと3穴式を使うもんだと思っていましたが、実際に買いに行ってみると結構いろんなタイプのものがありました。

ざっくり日本で簡単に手に入りそうなドリッパーの特徴を並べると、大体こんな感じになります。

メーカー ドリッパーの形 抽出穴
カリタ 台形 3穴
メリタ 台形 1穴
ハリオ 円錐形 1穴
コーノ 円錐形 1穴

こうしてみると、カリタの3穴式は少数派なんですね。

僕は完全に何となくでハリオの製品を選んでみました。
理由があるとすれば、ドリッパーの下において使うサーバーがハリオの製品だったからぐらいですね。

ハリオ V60の特徴

ハリオのウェブサイトによると、V60の特徴は
1. お湯が長く触れるのでコーヒーの成分がしっかり抽出できる
2. 空気の抜ける構造になっているので、お湯がスムーズに通る
3. お湯を注ぐスピードで味を変えられる
だそうです。

ハリオ V60 上から

渦巻き状のリブが特徴らしい

買って調べるまで全然知らなかったのですが、ハリオのV60シリーズは世界的にも評価が高く、最近流行っているらしいサードウェーブ系のコーヒーショップでもV60を使っているお店があるのだとか。

僕が選んだ理由は何となくなのですが、適当に買ったものがよいものであったというのはそれはそれでうれしい出会いですね。

お湯が長く触れるから成分がしっかり抽出される件について

さて、肝心の特徴なんですが、正直一つ目のお湯が長く触れているかどうかはあまりわかりませんでした。
コーヒーフィルターは透明じゃないので、実際にお湯がどこまで浸透しているか、目で見てわかんないんですよね。

空気の抜ける構造になっているので、お湯がスムーズに通る

むしろこっちの特徴のほうがダイレクトに実感できました。
それまで使っていたカリタの3穴式は、お湯をドバドバ入れてもコーヒーが落ちていくスピードが変わらないので、ぼーっとしているとお湯があふれてしまいました。
V60だと結構ドバドバ入れてもお湯があふれる感じはなかったですね。
なので、お湯がスムーズに通るのはたぶん本当だと思います。
というか初めて使ったときは、なんかの本にハリオ式は必要なお湯を一気に注ぐべし!と書いてあったような気がして、
本当に一気に淹れちゃいました。
結果、超アメリカンなコーヒーフレーバーのするお湯が出てきたので、完全に失敗でした。

ハリオ V60 穴

でっかい一つ穴が特徴

お湯を注ぐスピードで味を変えられる

実は3つ目のお湯を注ぐスピードで味を変えられる、というのが実は素人には結構ハードだったりします。
上段で書いたように、V60で一気にお湯を注ぐと一気にお湯が駆け抜けていくので、超薄味のコーヒーができます。

ちょこちょこ調べてみるとV60は3分ぐらいかけて必要量のお湯を通すのがよいらしいです。
なので、3分間かけてやろうと思うのですが、時間をかけて僕と妻の分の2杯分を抽出するのは結構難しいです。
3分で2杯分だと、大体400CCぐらいのお湯を注ぐことになりますが、相当ゆっくり注がないと400ccなんて1-2分で注げちゃいます。
結構気を使ってゆっくりゆっくり注ぐようにしないといけないわけで、単純にスキルが求められます。
まあゆっくり注ぎやすいポットを使えばいいのかもしれませんが、今使っているもので何とかしたいと思うのが貧乏人の性。
そんなわけで、毎回微妙に抽出時間が変わったりして、毎回微妙に味が違います。
うまく入った時は「うまい!」ってなりますし、ちょっと失敗しちゃったときは「あ、少しお湯を注ぐのが早かったかな」なんて考えつつ楽しんでいます。

V60は楽しい!

ハリオのオフィシャルサイトでも言われていますが、V60は結構楽しいです。
何がって、淹れる時のスピードや淹れ方でかなり味が変わってくる点ですね。
スペシャルティコーヒーのお店で使われているのも、こういった自由度がウケているのかもしれません。
僕はコーヒー初心者、素人ですが、素人なりにも楽しめるのがV60のいいところだと思います。

不安定なコーヒーライフを楽しむ

コーヒーミルの記事でも書きましたが、毎回違う味なのも素人の楽しみだと思っています。
しかしながら、最近はどんな豆が自分にぴったりか探していきたいと思っていて、そのためにはある程度安定した抽出技術を身につけないと、ちゃんとした比較になりません。なのでもう少しスキルを磨きたいと思います。

-コーヒー

Copyright© 歯科衛生士の婿 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.