クルマとお仕事の雑記

歯科衛生士の婿

裁量労働

仕事 未分類

裁量労働制いいと思うんだけどなぁ

更新日:

こんにちは。トモゾウです。

ここ最近の政治のニュースというと森友学園問題がもっぱらの話題ですが、個人的には働き方改革関連の法案も気になっています。

今回は書類の不備?改ざん?かわかりませんが、裁量労働制の拡大を見送るとのこと。

正直、残念な気持ちがあります。

あまり詳しく調べていないのですが、今回の一連の騒動で、「裁量労働=悪」という構図が出来上がってしまったように見えるからです。

悪というか「定額働かせ放題」というワードまで飛び出して、企業側の論理で採用された裁量労働制では、サービス残業で労働者を死ぬまで働かせられるから、今回の裁量労働制の拡大は改悪である、という論調。

でもちょっと待ってほしいのだけど、裁量労働だからって人が死ぬほど仕事を与える会社がそんなにありますかね?

僕は実際に現在も裁量労働で働いていますが、定額働かせ放題ということはありません。かなりホワイト体質の企業だからかもしれませんが、これまで深夜残業はほぼ無し。大体17時-18時ぐらいには帰りますし、やることがなくなった日は15時とか16時頃に帰っちゃいます。

隣の同僚は14時ぐらいになると昼寝して、打ち合わせが終わったら喫茶店にこもって仕事をして、そのまま帰ってしまいますし、飲み会の次の日は11時ぐらいまで寝てるみたいです。

でも別に迷惑ではないですし、優秀な社員なので頼りにされています。連絡はメール、チャット、たまーにビデオ会議で済みます。

こういう状態なので、僕としては裁量労働制が結構ありがたいのです。

ざっくりですが、裁量労働の良しあしを分けると、こんな感じでしょうか。

裁量労働のいいところ

  • 毎朝決まった時間に行かなくていい
  • 自分の仕事が終わったらすぐ帰れる
  • そもそも別にオフィスに行かなくてもいい
  • 成果さえ出れば評価される

裁量労働の悪いところ(とされているところ)

  • 決まった時間がないのでだらだらしちゃう
  • 仕事が終わったら次の仕事がやってくる
    (たぶんこれが問題で、「定額働かせ放題」なんていうキーワードのもとになってる)

どうすれば裁量労働がうまく運用できる?

僕は裁量労働制には賛成です。

でも前述したように裁量労働制をいいことに、できる人に仕事が集中したり、できない人はいつまでもサービス残業を続けたり、ということにもなりかねません。

ではそうならないためにどうするか。

極端な話をすると、「嫌ならやめる」ということをもう少し軽くできるほうがいいのではないかと思っています。

そのためには企業の評価制度を成果に絞ってプロセスや成長などとはある程度切り離したものに変えるべきです。というのも、日本の終身雇用を前提とした評価制度では将来の昇進・昇格の基準のために「成長したかどうか」という項目がありますが、成長自体は企業に利益をもたらすものではないためです。

当人の評価は上司や会社にコミットした成果を達成できたか、達成できなかったならどこまで目標に肉薄できていたかということ評価基準にするのがよいと思っています。

海外とかどうしてるかわかんないですけど。

  • 上司や経営層にコミットした成果を出せたかどうかで評価する
  • なので「頑張りました」なんていうのは、評価対象外
  • 日本企業でよくある、ビジネスパーソンとしての成長や成長のために何をしたか、も評価対象外。成長したかどうかではなく、企業にとってのバリューを発揮したかどうかでの評価としなければならない
  • 「嫌ならやめて他へ行こう」がやりやすくすること
  • ダメな人、結果の出ない人は減給、配置換え、解雇をしやすくすること

結局政府がやりたかったのって、こういうことだと思うんですよね。雇用の流動化も。

ダメな人の給与を減らしたり解雇して優秀な人材を確保したい。経団連が賛成していた真意もここにあったと僕は思います。どんなにダメな人材でもなかなか首にできない。その分無駄なコストもかかるので人材の確保も難しいし、社内の士気も上がらない。

であれば裁量労働制で人材のコストを最適化したいと思うのは自然な流れだと思います。

「定額働かせ放題」という言葉だけが独り歩きしているように見えますが、今時そんなことをさせる会社には優秀な人材は集まりません。そんなことがわからない経営者ばかりでもないでしょう。(そういう会社もたまにありますが)

働き方―「なぜ働くのか」「いかに働くのか」

働き方―「なぜ働くのか」「いかに働くのか」

働き方改革 生産性とモチベーションが上がる事例20社

働き方改革 生産性とモチベーションが上がる事例20社

-仕事, 未分類

Copyright© 歯科衛生士の婿 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.