クルマとお仕事の雑記

歯科衛生士の婿

未分類

ロクシタンのセドラオム オードトワレを買ってきた

投稿日:

こんにちは。トモゾウです。

 

夏の困りごとといえば汗。汗をかけば臭いがでます。

たまーにマニアな方がいますが、基本的には男の汗のニオイは好かれません。

それが35を過ぎた男ならなおさら。

個人差はあれどもおっさんは臭いらしいので、ニオイケアはとても大事です。

 

特に僕の職場は女性が多く、ついでにボスも女性です。相手が女性だから、というだけではないのですが、臭いという仕事と関係ないところで嫌われるのは困ります。普通につらいですから。

 

なので、もともと僕はニオイケアには結構敏感で、毎日ちゃんとお風呂に入りますし(当たり前や)、毎朝脇の下にデオドラントをして、いい香りのするグッズを使っています。

僕は香水ではなく、プラウドメンのグルーミングバームを使っていたのですが、久しぶりに香水を買ってきました。

プラウドメンのグルーミングバームについてはこちら。強い香りに気がひける方にオススメ。

nerimar.hatenablog.jp

 

高級な香水って高い・・・!

香水を買おうと思って伊勢丹メンズに行ってきたのですが、単価が高すぎて断念。1本2~3万する高級品は流石に買えない、、、

と言ってもドンキで売ってるような大学生がつけてそうな香水をつけるのもなんか若作り感がでて嫌なので、 悩みどころ。

 

というわけで、今回買ってきたのはスキンケアグッズでお馴染みのロクシタンのセドラオム オードトワレです。

大きめの瓶でだいたい7000円ぐらいでした。

 

香水って種類あるんです

オーデコロンやらオードトワレやらよくわからんわ!という人のために超雑に説明すると、香りが強くて残りやすい順に

パルファム

オードパルファム

オードトワレ

オーデコロン

と並ぶらしいです。

厳密には香水というとパルファムのことを指すらしいです。

オーデコロンが一番香りが弱く、持続時間も短いとのこと。

正直、香水文化が欧米ほど浸透していない日本人にはあまり違いがわかりませんね。

 

今回買ってきたのはオードトワレなので、コロンよりは持続性があり、優しく香るのが特徴です。

 

箱はこんな感じ。おしゃれですねぇ。

f:id:Nerimar:20170823215310j:image

 

瓶はこちら。メタルでこれまたおしゃれですが、結構デカイです。比較にチューハイの缶を置いてみました。

f:id:Nerimar:20170823215320j:image

 

肝心の香り

さて、香水(オードトワレだけど)なので重要なのは香りです。

このセドラ オム オードトワレはセドラってついてるぐらいなので、ベースの香りはセドラです。

セドラってなんやねんと思いますよね。セドラはフランスのコルシカ島で取れる柑橘系のフルーツらしいです。

セドラそのものの香りは知らないのですが、この香水の香りはかなり爽やかですね。セドラの香りにミントの香りも入っているので、シトラス系+ミントで爽わかさが増幅されているような気がします。

 

よく、「メンズ 香水」とかで検索して出てくるランキングにはまず載ってこないこの商品。香りもかなり特徴的です。

というかメンズ香水の人気ランキングに乗っているようなブルガリとかグッチとかカルバン・クラインの香水は、僕にとってはほとんど同じように感じられます。ついでに電車の中ですれ違う大学生のお兄ちゃんもよく使っている感じなので、あまり好きではないんですね。

 

若干中二病っぽい考え方ですが、誰かに「あ、これブルガリの香水ですね」というふうにバレるのが微妙に嫌です。特に理由はないのですが、なんか嫌なんです、、、

というわけで、ブランド自体は有名なのにあまり使っている人がいなさそうなロクシタンを選んできました。

 

結果は正解だったと思います。

特徴的かつ爽やかでイヤミのない香りでとても気に入っています。

価格も大きさの割には7000円ほどなので、他のブランドと比べると割安です。

 

オードトワレの持続時間は3~4時間程度。どうする??

 さて、オードトワレという香水の強度としては下から2番めのものを買ってきたのですが、持続時間は3~4時間。

ということは、朝7時につけると昼の13時~14時頃にはほとんど香りが消えてしまうわけですが、これは困ります。

昼間最も暑くなるのは14時頃。そのときにかいた汗で臭いが出てくるのは16時とか17時頃でしょうか。まだ職場にいる時間ですから、これはマズいですね。

「あ、トモゾウさん今日ちょっと臭いわ」と思われてしまうのは本当に癪。というか嫌な臭いを嗅がせるのは申し訳ないですね。

 

ということは、職場にいる時間、どこかで追い香水をする必要があります。

がしかし、この瓶は持ち運ぶにはでかい・・・でかすぎます。

 なので小型の香水持ち歩き瓶をも一緒に買ってきました。

それがこれ。無印良品のアトマイザー。

f:id:Nerimar:20170823215920j:image

 

 オードトワレと比べるとこのぐらい。f:id:Nerimar:20170823215925j:image

 

僕の手がでかいこともありますが、手のひらにすっぽり収まるサイズです。f:id:Nerimar:20170823215956j:image

本体の香水瓶からはスポイトでアトマイザに移し替えます。 

f:id:Nerimar:20170823220004j:image

 

職場に持っていくのはこのアトマイザーで大丈夫そうです。

 

これで夏は安心?つけすぎには注意

というわけでこれでいつでも追い香水ができるようになったので安心ですね。

が、しかし、香水はつけすぎには注意。香りが強すぎると逆に「スメハラ」と言われてしまいます。

付け方は諸説ありますが、僕はへその下辺りにワンプッシュだけつけるようにしています。

 

手首にシュっとやって首筋につけたりってのはNGらしいですね。

近づいたときにホワァっと香るレベルがいいようです。これが結構難しいのですが、心構えは「ちょっと足りないぐらい」ですね。

 

そんなわけで、夏の暑い日々は熱中症とオイニーに気をつけていきましょう!

香料の科学 (KS化学専門書)

香料の科学 (KS化学専門書)

 
14002 メタルアトマイザー シルバー

14002 メタルアトマイザー シルバー

 

 

 

 

 

-未分類

Copyright© 歯科衛生士の婿 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.